メールの書き方の攻略とテクニック

 

出会い系サイトでめでたくメールのやりとりが始まったなら、それは大きな前進といえます。
まずはこの段階を経なければ出会いも何もないからです。

 

出会い系サイトにおけるメールの書き方については、お互いの年齢層にもよると思いますが、やはり最初から馴れ馴れしい言い回しは相手も引いてしまうことが多いようです。特に真面目な出会いを求めたサイトであれば、ある程度常識をわきまえた態度というものが好感度を上げる秘訣といえます。

 

しかし、ある程度メールのやりとりが進んでくると、どちらからともなく、よそよそしい敬語はやめませんかというような提案がなされることが多いようです。

 

こうしてメールではありますが、徐々にお互いの距離が縮まってくるのです。

 

しかし、だからと言ってすぐ会えると思うのは早計です。女性は、男性が思っている以上に、相手に対する警戒心を強く持っています。やはり1対1で会うということになれば、万一、自分の身に危険が迫ったときに力で負けてしまうと思っているからです。

 

ですから、男性はあまり会うことをせかさない方がよいと思います。

 

女性は気持ちをとても大切にします。相手が本当に自分の内面を観て大切にしてくれる人なのかどうかをずっと考えています。そして機が熟したと思えるまでは簡単に会う約束はしないでしょう。

 

ですから、男性としては、相手のおかれた状況や立場をよく考えてメールを書いた方がよいでしょう。また、会うこともそうですが、連絡先の交換も急がない方がよいでしょう。

 

これも女性は相手に対してとても警戒しています。本当に連絡先を伝えてよい相手なのかどうかをずっと観ています。あまりせかすとかえって疑われますので気を付けましょう。

 

概して、女性は、自分の連絡先はこうしたサイトを通じてではなく、直接会ったときに相手を見て渡したいと考えているケースが多いです。そのあたりもふまえてメールを書いていけば、比較的早い段階で会える日が来るのではないでしょうか。